imani(イマニ)はニキビケアの洗顔料となります。ではその効果はどうなのか?気になるところですよね。

さらに私がイマニに関して色々と調べているとimani(イマニ)というキーワードに関連死して「思春期ニキビ」というものがよく出てきました。

おそらくimani(イマニ)に対して思春期ニキビに対して効果を期待する人が多いのだと思います。

結論から言うと思春期ニキビに効果はあります。

なぜならimani(イマニ)の公式サイトでも思春期ニキビに使用ができると書かれているからです。

ではこの記事では、さらに踏み込んで成分やとその効果について、またニキビに関しての詳細な部分までお伝えしていきたいと思います。

imani(イマニ)に含まれる成分

imani(イマニ)がニキビ予防に良いと言う理由として、公式サイトより以下の成分を抜粋してみました。

  • ココイルグリシンK
  • ヤシ脂肪酸K
  • ミネラル豊富が温泉水
  • ヒアルロン酸Na
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • ツポクサ葉エキス
  • β-グルカン
  • シラカバ樹液
  • ティーツリー花/葉/茎エキス
  • セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

ニキビには白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビと4つのタイプがあり、そのうち白ニキビと黒ニキビは初期の段階と言われています。

その後に肌に赤い炎症が出る赤ニキビ、その後に黄色い膿が発生する黄ニキビと発展するのですが、あまり目立たない初期段階で早期治療していくことがニキビ予防では大切です。

imani(イマニ)がなぜ思春期ニキビ予防になるのか

ニキビは「青春のシンボル」と言われていました。けど無理に潰してしまうなどの対処の仕方を誤ると悪化してしまうことになります。

また赤ニキビから黄ニキビへと発展し炎症が酷い場合は元の肌に戻らなくなるケースもあるので、そのまま放置してしまうことや誤った治療をするとかえってニキビ痕ができて一生残ってしまう可能性もあります。

なので普段から肌のケアを怠らないことに加え、ニキビができたとしても白ニキビや黒ニキビの早期発見の段階で適切な対処を施していくことが予防の要となります。

白ニキビに対するケア

白ニキビは最も初期段階といわれる状態です。毛穴に皮脂が詰まることで「白ニキビ」と呼ばれます。

そして肌のバリア機能が低下しているので刺激に弱くなっているので、とにかく刺激を与えることに気を付ける必要があります。

ここから炎症の度合いによって黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビへと発展するわけですが、ニキビができる主な原因の一つがホルモンバランスの乱れです。

imani(イマニ)が思春期ニキビの予防になるのは、ココイルグリシンKやヤシ脂肪酸Kという成分を配合していることで自然本来の洗浄成分に働き掛け、ミネラル豊富な温泉水という成分を配合することで角質を和らげて滑らかな肌にしてくれるからです。

そしてヒアルロン酸Naと加水分解ヒアルロン酸で肌のバリア機能を高め、さらにツポクサ葉エキスとβ-グルカンによってバリア効果をサポートしていくことで肌を正常な状態へと整えてくれます。

黒ニキビに対するケア

黒ニキビは白ニキビが酸化した状態です。毛穴に詰まった皮脂が表面に出て、空気に触れて酸化することで黒っぽくなります。主におでこや小鼻などのいわゆるTゾーンと呼ばれる部分にできやすいです。

黒ニキビは毛穴に皮脂や古い角質、それに老廃物によって詰まって、空気に触れて酸化してものですが、取り除こうとして強い洗顔の仕方であったり、無理やり指やピンセットなどで取り除こうとすると逆効果となる可能性が高いです。

なぜなら一時的にはすっきりするかもしれませんが、逆に毛穴が大きく開くことで余分な皮脂や汚れを溜め込みやすなり、より目立つ黒ニキビやクレーターのような穴が残ってしまうこともあるからです。

imani(イマニ)は白ニキビで解説した通り、肌本来の洗浄力に働き掛ける成分や、角質を和らげる成分、バリア機能を高める成分に加えそのバリア機能をサポートする成分が配合されていることで、思春期ニキビの予防対策になるということです。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期にできるニキビのことを「思春期ニキビ」と言いますが、大人になってできるニキビのことを「大人ニキビ」と言ったりします。

ではこの2つのニキビには何が違うのでしょうか。それぞれ呼び名があるので特性や症状に違いがあるかと思われるかもしれません。

ですが思春期ニキビも大人ニキビも根本的に仕組みは同じです。

思春期ニキビの場合は、過剰な皮脂の分泌による毛穴の詰まりが主な原因となります。なので皮脂が分泌されやすいTゾーンにできやすいのが特徴です。

だからこそ思春期ニキビの場合は白ニキビ・黒ニキビに対してしっかり予防をしていくことが大切になってくるんですね。

それに対して大人ニキビの場合は、女性の場合は大人になるとメイクをする機会が増える上にメイクをした状態が長時間続くので化粧品の使用であったり、古い角質が毛穴に詰まることが主な原因です。

大人ニキビは頬や口の周り、顎などの乾燥しやすい部分にできるのが特徴です。

思春期ニキビの正しいケアの方法

これまで説明したように思春期ニキビと大人ニキビは、仕組み自体は根本的に同じですが、できるきっかけや場所が異なるということが分かるかと思います。

なので「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」とそれぞれに呼び方があるというわけですね。

思春期ニキビはホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰な分泌が主な原因と言われていますが、基本的に思春期ニキビに合うスキンケアを使って肌を整えて予防・改善していくことになります。

そこでスキンケアの基本としては考えるべきポイントは、洗顔・保湿・紫外線対策の3つになりますが、それぞれの詳細をお伝えします。

洗顔

思春期ニキビにおいて洗顔の際に大切になるのは、余分な皮脂や角質を取り除いていくことです。洗顔におけるポイントは以下の4つです。

  • 洗顔は1日2回程度
  • imani(イマニ)などのニキビ向けの洗顔料を使う
  • 刺激を与えないように優しく洗う
  • 水かぬるま湯など刺激のない温度で洗う

肌をきれいにしたくて何度も洗顔をしたり、皮脂や汚れがしっかり落とせそうだからとゴシゴシ洗ったりするのは、かえって肌のトラブルを引き起こす原因となります。

思春期ニキビができない肌の状態に整えることや、できたとしても悪化させないようにする為にも洗顔は優しく行っていくことが大切です。

保湿

思春期ニキビにおいても保湿は必要なケアの一つとなります。なぜなら洗顔後に何もせず放置しておくことで肌が乾燥して皮脂の分泌を促してしまうことになるからです。

そこでしっかりと保湿をするだけでなく、保湿を保つサポートまで配慮されたスキンケアで水分と油分のバランスを整えて保ち続けることが大切です。

ただし、いくら低刺激でニキビケア向けの化粧品であっても、100%誰でも効果があるという万能なものは存在しません。

なのでimani(イマニ)のようにお試し価格で提供してくれているようなものを選んでいき、あなたに合う化粧品を見つけていくことが大切です。

紫外線対策

紫外線は日焼けして肌が焼けてしまうことやシミの原因になることは誰もが知っていることです。しかし、ニキビができる原因にもなっているのです。

なのでニキビを予防する意味でも紫外線対策をする必要があるのですが、紫外線がニキビを悪化させる要因は以下になります。

  • ターンオーバーが乱れて毛穴が詰まりやすくなる
  • 皮脂の分泌量が盛んになって酸化が加速する
  • アクネ菌が増殖して活性酸素を発生させる

いくら思春期ニキビに適した化粧品を正しく使用したとしても、紫外線対策への意識がなかったら、ニキビができやすくなって悪化もしやすくなってしまいます。

日の当たる場所に長時間出る場合は日焼け止めクリームを塗ったり、汗をかいたら塗り直すなどケアを心掛けるようにしましょう。

まとめ

ということで今回はimani(イマニ)が思春期ニキビの良いと言われる理由を成分の観点からみていきました。

主な原因は成長期におけるホルモンバランスによって起こる皮脂の過剰な分泌で、間違ったケアをすると悪化したり跡が残ってしまうことになります。

化粧品も100%どんな人にも効果があるものはないので、まずはお試しができる製品を購入することで、あなたに合うスキンケアを見つけていくことが大切です。